薩摩硫黄島が噴火!被害・火山灰の範囲や地震に津波の可能性は?

薩摩硫黄島が噴火!被害・火山灰の範囲や地震に津波の可能性は?

薩摩硫黄島が噴火したというニュースが入ってきました!


出典

以前から100年以内に噴火する可能性が高いと言われていた硫黄島。

 

この噴火による被害や火山灰などの範囲、さらに

津波がくるのか?なんてことを調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

薩摩硫黄島が噴火!

 

火山名 薩摩硫黄島 噴火警報(火口周辺)

2019年11月2日17時50分 福岡管区気象台  鹿児島地方気象台発表

 

<薩摩硫黄島に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表>

火口から半径約1キロメートルの範囲で噴火に対する警戒が必要。

<噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引上げ>

 

 

1.火山活動の状況及び予報警報事項

硫黄岳では、本日(11月02日)17時35分に噴火が発生しました。灰白色の噴煙が火口縁上約1000メートル以上に上がりました。今後、火口から半径約1キロメートルの範囲に噴石を飛散させる程度の小規模な噴火が発生する可能性がありますので、火口周辺では噴火に対する警戒が必要です。

 

2.対象市町村等

 

警報の種類 火口周辺警報:入山規制等。

警報の状況 発表。

対象市町村 鹿児島県:三島村

 

3.防災上の警戒事項等

火口から概ね1キロメートルの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。また、火山ガスにも注意してください。

**(参考:噴火警戒レベルの説明)**

【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。

【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、要配慮

者の避難等が必要。

【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制

等。状況に応じて要配慮者の避難準備等。

【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。

【レベル1(活火山であることに留意)】:状況に応じて火口内への立入規

制等。

(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)

スポンサードリンク

薩摩硫黄島の噴火で被害範囲・火山灰の範囲は?

 

ただいま被害の調査中です。

 

 

薩摩硫黄島の噴火で津波は来る?

 

硫黄島が噴火すると巨大地震が起きて津波が来ると言われていました。

 

津波が来る前に大きな地震が来ると思うので十分な警戒が必要です。

 

「もし硫黄島が噴火すると…」

についての動画もありましたので載せておきます。

 

ニュース・事件カテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。